つばさブログ

音楽を聴いて思ったことを既存メディアや所謂プロとは違う角度から届けるべき人へ。Twitter@tsubasa518

ワンマンライブより盛り上がったクリープハイプのライブレポート〜めざましライブでのお話〜

今回のライブは、めざましテレビ主催の音楽イベント「めざましテレビ25周年記念めざましライブ~日本お元気キャラバンin 豊洲」。

f:id:tm2000-518:20190807205244j:plain

前日のPOPミュージックに対して、この日はKYETALK、BiSH、クリープハイプとロックなイベントであった。

スリーマンの対バンということで、やはり始まる前から気になるのは出演順である。普通に考えれば、KYETALK、BiSH、クリープハイプの順番であるが、やっぱり気になるのはクリープハイプのアンコールについて。この記事を読んでいる方ならご存知だろうが、クリープハイプはアンコールをすることをどこか嘘っぽいという理由でやめた。イベントでも今の所は貫いているので、今回はトリでないのかと思ったが順当にクリープハイプがトリだった。

 

 

 

開演時間となり会場は暗転。

いつも通りSEなしで尾崎さんを除くメンバーが入り、定位置についた頃尾崎が便所に入るようにヌルッと入ってくる。

 

 

尾崎さんが「お騒がせして申し訳ございませんでした。今日はその100倍騒がせますから。」とあいみょんとの熱愛報道を持ち出し自虐的に煽る。クリープハイプのファンからしてみれば、熱愛報道に関して複雑に思う人も多くいるだろうが、今回は対バンイベントという事で他のアーティストのファンを盛り上げるのには容易い話題である。実際に前の2アーティストのファンが盛り上がっていたのも事実だ。

 

 

そんな中始まった一曲目「栞」。

この曲はここ一年で確実にクリープハイプのアンセムとなり音楽ファンなら誰しもが知る曲になった。そのため一曲目に会場を沸かせるには打って付けである。一方この曲は後半、もしくは最後の曲として演奏される事も多く本日ラストはどんな曲になるのかというワクワクも生まれた。

 

次に披露されたのが「愛の標識」。

気になる歌詞の変更は、〈お台場を代表するフジテレビは〉と主催への愛を覗かせる。

この歌詞の変化もクリープハイプ好きにとっては楽しみなポイントだ。例えば全国ツアーを回れば、その土地に銘菓で歌われ自らの地元を知ってくれている愛の標識になるのだから。

 

 

今日はかなり対バンとしては面白いセットリストだなと感じている間に二曲目を終えた。

 

 

そして、三曲目に「大丈夫」。あれあれおかしいぞ?となってきた。

この序盤の立ち上がりどこか違和感を感じる。ファンとしてはかなり嬉しい三曲ではあるが、フェスや対バンイベントでのクリープハイプを見たことがある人にとってはきっとこの違和感を感じるだろう。だってどこか優しい曲たちがこんなにも並んでいるのだから。クリープハイプの対バンイベントでの方程式は攻めた曲多めで最後に優しい曲で締めることが多い。これは、フェスの特性上頭に攻撃的であったり速い曲を行うといったりするのが定石であるからだ。

しかし、今回は違った。その理由としては、チケットの販売方法にあるのではないだろうか。今回のライブはそれぞれのバンドのFC限定先行があり、もちろん同行者はFC会員でなくてもよいのであるが、それでもFC会員についてくる人という事もあってクリープハイプに対しての愛を持った方が多かったはずだ。こういった状況を加味し、今回のセットリストであり優しい雰囲気になったのではないだろうか。

 

 

その後は、「イト」、「鬼」、「おばけでいいからはやくきて」といったタイアップ曲であり、一般的に認知の高い曲たちが雪崩れ込む。これらは、ここ一年イベントにおけるクリープの中心的な曲たちである。

 

 

今回のライブでの胸キュンポイントは、「火まつり」だろう。

火まつり」はカオナシの曲であるが、カオナシの目立つポイントで尾崎さんが目立ってこいよと言わんばかりにそっとカオナシのことを押し出していた点でないだろうか。クリープハイプはワンマンでない限りあまり尾崎以外が目立つことはあまりない。逆を言えばワンマンでは自ら前に出るだろうから余計にキュンとするポイントであったと思う。

 

 

 

ここまできて7曲が終わる。この日、前のアーティストは7曲程度でライブを終えていたためもうそろそろ終わりが見えてきていた。だが終わりの曲が何だか思いつかないし、あと何曲あるのだろうかと思いながら演奏されたのが、「身も蓋もない水槽」。ここにきて攻めてきた。攻める手を全く止めず、「社会窓と同じ構成」でMCへ。

 

カオナシの髪色をチュッパチャップスみたいといじりながら、今回のめざましライブについて話す。昨年のマンスリーエンタメプレゼンターや尾崎図書館に触れ、めざましファミリーだと思っていることを口にした。

 

ファミリーつながりで「ファミリーの作り方を軽部さんに教えてあげましょう」と言い、最後の曲へ。ファミリーを作る曲と言えば“HE IS MINE”である。なぜこの曲でファミリーを作るのかは詳しく触れないが、クリープらしい言い回しだ。大サビの後には、文字通り金テープが発射されライブを終えた。

 

 

もちろんアンコールが行われなかったが、他のアーティストはライブ後にインタビューがあったが、クリープハイプはなくそのまま終演したのは少しモヤっとした。

 

 

 

 

先日のめざましテレビで今回のめざましライブについて放映され、そこで尾崎さんは「ワンマンライブより盛り上がっていた」いうコメントがあった。

これも先に書いたFC限定先行があったからではないかな。もちろんひめはじめはかなり静かな盛り上がりであったし、普段のワンマンもそれなりに静かである。だが今回は対バンイベント。対バンイベントはワンマンとは違う雰囲気がバンドにとってもオーディエンスにとってもある。それに加えFC限定先行があったということで、太客でありながらワンマンとは違う楽しみ方をしたことで不思議な化学反応があったのではないだろうか。これはこれで一興である。だからこそライブは生き物なのであり、文脈のあるイベントには行きたくなるのだ。

 

 

セットリスト

1.栞

2.愛の標識(フジテレビ)

3.大丈夫

4.イト

5.鬼

6.火まつりカオナシさんをそっと前に出す)

7.おばけでいいからはやくきて

8.身も蓋もない水槽

9.社会の窓と同じ構成

10.HE IS MINE